2017年11月22日

TOP

jb640bc
inb

●小説インフォメーション
ここTOPには比較的新しいものを載せています。
旧作はサイドバーの『小説タイトル』からどうぞ。

本家サイト 潤文学
●こちらはホームページ。今後は、女忍・女剣士もの時代劇~セクシー
アクション~ホラーまで、モロR18以外のセクシー系一般小説に力を
入れる。この潤文学ブログは本家サイトから官能ジャンルを分離させ
るために立ち上げたものです。

Powered By 画RSS


kirimomi520
新作ハードエロス きりもみ

一話  二話  三話  四話  五話



zetsubo520
SM小説 絶望の愛は、間延びしてしまいましたので一度削除し、
いずれまたあらためて書き直していきます。



femdom520
FEMDOM/LEZDOM

●花時計(リメイク作)
序章 一話 二話 三話 四話 五話 六話 七話 八話 九話 十話
十一話 十二話 十三話 十四話 十五話 十六話 十七話 十八話
十九話 終話


madame sadist(過去作)
●氷川冷子 一話 二話 三話 四話 終話


jigyaku520
自虐~ふたつの心を持つ女(新作草稿)
一話 
二話 三話 四話 五話 六話 七話 八話 九話 十話
十一話 十二話 十三話 十四話 十五話 十六話 十七話 終話


hanayome520
●三人姉妹
一話  二話  三話  四話  終話

●花嫁の森
一話  二話  三話  四話  終話

●獄死の微笑
一話  二話  三話  四話  終話

●首なしの家
一話  二話  三話  四話  終話

●フェデリカ
一話  二話  三話  四話  五話  六話  七話  終話  

●螺旋の舌
一話  二話  三話  四話  終話


edo2
お笑い時代劇 ここに開幕!
※これはずっと以前に書いた冗談時代劇なんですが、そのうちこれを
もう少しマジメに書いてみようと思っていて、原作公開の意味で掲載。

序章の序章
  序章の上  序章の下

一幕 両替商 若妻お郁
その一  その二  その三  その四
※二幕はいずれ。これはこれで妙な世界観があっていいかと思って
います。(そうかぁ?)

きりもみ(五話)

kirimomi520

五話 サディスティック


 性奴隷の入り口に洋子を立たせてやったというだけで胸のつかえがおりたわけではなかったが、智江利の手に握られたバイブの責めに激しく反応する洋子を見ていて、しばらくは智江利女王のお手並みを拝見しようと思った美希。あれほどSM的な美文を書くのだから、智江利が思う性奴隷とはどういうものかを知っておきたい。
  こういうことのはじめてな美希には怖さもあった。限度を知らない。智江利なら知っていると考えたからだった。
 「頭がおかしくなるほどいいでしょう。でもダメよ、イカセたりはしないから」 激震するバイブを止めて無造作に抜き去って、それでも腰を振る洋子の尻を手でパシンと叩くと、智江利は美希に目配せして柱越しの手錠を外し、次には綿の黒いロープを手にすると、手首で縛って両手を上げさせ、古い家の天井裏に交差する太い梁にロープの尻を投げ上げて、両手を上にヌードをのばしたポーズで吊ってしまう。
  そのときすでに、なかば逝きかけた洋子はとろんと目を溶かしていて、まっ白な総身がわなわな震え、綺麗な尻肉が波紋を伝えて波打っている。

  これが洋子の正体。しかし美希にとっては見下すよりも可愛い姿に映ってならない。
  智江利は、いつものやさしさをよそに、目は厳しく、なのに言葉だけは穏やかだった。
 「おまえは捧げたいって言ったそうだね?」
 「はい、女王様」
 「捧ぐということ、そうやすやす言えたものじゃないってことを教えてやる」
  女声トーンの男言葉。演劇の中の台詞のようにも聞こえ、智江利の演技力に感心したし、智江利がこの後どうするかも確かめておきたかった。
  智江利はM性が強いはず。それとサディズムが結びつかない。これから智江利とつきあっていく上でもスタンスを見極めておかないと。美希の中にそうした計算もあったからだ。
  縛るにしても手首だけ。ネットで見たような麻縄でなくソフトなカラーロープ。そんなものは手芸屋にだってあるものだし、バイブぐらいならオナニーするのに持ってる女もいるはずで。それともSMチックな道具はこれからなのか。そうしたものが用意してあるのか。もしも智江利がそんなものを並べだせば私だってここに来るのは危険かも・・美希はしばらく監察しようと考えた。

  両手首で吊られたしなやかな肢体。つま先立ちほど厳しくなくても踵が少し浮いている。子を持つ母の裸身はやっぱり違うと美希は感じた。
  そうやって洋子を吊っておき、智江利は前に立ってにやりと残忍に微笑む。恐怖の演出。それもマゾを打ちのめす計算なのか。智江利はふっくらふくらむとまでは言えないBサイズの乳房の先でツンと尖る二つの乳首を指先でつまみ上げ、こりこりとコネるようにして、恐怖に引き攣った洋子の顔を覗き込む。
 「ほうら気持ちいい。気持ちいいね!」
  豹変する強いトーン。
 「はい、女王様」
 「捧ぐとはNOの封印、何をされてもYESだからね」
 「はい、女王様」
 「だったら本気で躾けていくよ。NGなし。私のSMはペットを飼うことじゃない。きゃーなんて悲鳴は悲鳴じゃない。甘えてんじゃないよ、わかったね!」
 「はい、女王様!」
  面白くなってきた。智江利はどうやらマジのよう。美希はゾクゾクするような不思議な感覚が下着の底から衝き上げてくるのを感じていた。

  S女らしい口ぶりでさんざん洋子を怖がらせ、智江利は床に散った洋子の服の中からブラとセットの青い花柄のパンティを手にすると、丸めて口に突っ込んでガムテで声を封じてしまう。奴隷の眸色が変わってくる。怖いのだろう。バイブの快楽に溶けかけた眸がキリリと焦点を結んでいる。
  洗濯バサミを手にする女王。だけどそれにしたって金属製の恐ろしげなものじゃなくギザギザの浅いプラのもの。バネがどれほどのものかは想像がつく。よくコネて勃たせた乳首の左、右と、開いた嘴で捉えて閉ざし、ガムテで封じられた口から「むぅ!むぅ!」と痛みを訴えるくぐもった声が漏れだした。
 「痛みから逃げるから痛いんだ。愉しむように胸を突き出し受け入れる!」
  洋子は「はい」と応える代わりに深くうなずく。
  ネットで見たSMなら、ここで鞭が登場する。そう思って見ていると、智江利が持ったのはベルト。女物のジーンズに合わせる革の厚い、しかし幅の狭いもの。バックルを手の中に革を巻いて長さを合わせ、ヒュンと空打ちをしておいて、横に立ち、奴隷に命じた。
 「尻を上げる!」
  クイと反って、まっ白な双丘が突き出される。パシパシとなだめ打ちを二度浴びせ、大きく振り戻された茶色の牛革がパァンといい音をさせて尻肉にはじけた。

 「うぐぅ!」
  尻を引き、黒い毛群が飾る恥丘を突き出して身をよじり、そのとき左右の洗濯バサミをぶらぶら揺らしてもがく洋子。二度三度とベルト打ちが続いていくと奴隷の尻に赤い鞭痕が浮いてくる。
  まるで傷のない白桃のような尻に見る間に惨い条痕が増えていき、背を打たれ、腿の裏を打たれ、また尻を強打されて、奴隷は脚を折って身をよじり、背を打たれて反り返り、尻を打たれてデルタを突き上げ、泣いて化粧を崩してしまい、ひどい顔になっていた。
  いい気味だわ、ザマミロ!
  美希は積年の恨みが消えていくのを感じていた。
 「ほうらもっとよ、だんだんよくなる!」
  パァンと尻に鞭が弾け、「ぐわぁ」と獣の声を上げ、なのに毛群の奥底へ指を入れられ嬲られて、奴隷はとたんに「ンふ、ンふぅ」とよがり声を漏らし出す。
  背も尻も腿の裏も真っ赤。条痕が重なって奴隷の背面赤一色のありさまだった。
 「さあ美希、出番だよ」
 「ふふふ、うん」

  女王、チェンジ。
  痛みと快楽と狂乱と。頬を火照らせて赤く染める洋子。顔も裸身も汗が浮いて、イキ狂った牝の姿はこんなものと思えるほど堕落している。
  乳首を潰す洗濯バサミの両方をつまんだ美希。ちょっとヒネるようにして顔を覗くと、両目から涙が流れて川となる。
 「嬉しいよね洋子、奴隷は夢だったもんね?」
  うなずく洋子。美希はちょっと不思議に思う。おいおいマジかよ? 信じられない思いがどこかにあって、もしやマジで喜んでる? と思えてくる。
 「乳首痛いよね? 外してあげよっか?」
 「いわぁい、るるして」
  痛い、許して。ガムテで声を奪われて喃語のように言う洋子。どう言っていいのかわからない妙な昂揚を感じる美希。

  二つの洗濯バサミを一緒に開くと、それだけで洋子は「ぐわぁ」と唸るような悲鳴を上げて身悶えする。ぺしゃんこの乳首。可哀想だわ。
  薄型乳首の両方をつまんでやって、ちょっとコネ、力を入れてヒネリ上げる。
 「ぐわぁ! ぎゃぅう!」
  足をバタバタ、その場走りで上げたり降ろしたり。
 「あっはっは、痛いんだ? あっはっは!」
  これでもかとヒネリ上げると可哀想な乳首から白い脂がにゅるりと搾り出されてくる。
  薄型乳首がまあるい乳首に戻っていって、そのとき美希は色素が少し濃いと感じた。赤ちゃんに吸わせた母の乳。そう思うとまた憎しみが湧いてくる。

  ベルト。智江利を真似てバックルを握り、長さを合わせ、ヒュンヒュンと空打ちを二度。
 「じゃあ美希女王様は前かな。ふふふ、覚悟なさいね!」
  パァンと腹、ベシッと乳房。そのときに乳首にヒットしたらしく、奴隷は断末魔の声を搾り出す。
 「ぐわぁう! いわわい!」
 「痛いって? 何言ってんだろ、このマゾ? あっはっは!」
  めった打ち。怒りにまかせためった打ち。吊られた裸身が垂直ミミズのようにくねり暴れる。
  ところが。 ある一瞬、腹にベルトが弾けたとき。
 「ンふぅ! ンふぅぅ」
  声が甘くなっている。ベルトを持たない左手で股ぐらを嬲ってやると、奴隷は全身赤い裸身をしならせて、泣き濡れた眸を閉じて、鼻孔をひくつかせてよがっている。
 「いいんだ?」
  うなずく奴隷。ンふぅンふぅと燃える吐息を吐いている。ひどい濡れ。

 「バイブよ美希」
 「あ、うん、そうだね、次はイキ狂い?」
  太いバイブに糊のようにまつわりついて乾きかけたマゾ汁。美希は手に取り、洋子の鼻先に突きつけてやって、にやりと笑い、腿を開かせ、ぐちゃぐちゃとラビア嬲って、無造作に根元まで突っ込んで、腿をぴたりと閉じさせる。
 「落としちゃダメよ! 拷問だからね!」
  そしてスイッチをと思ったのだが智江利が待てと言う。
  智江利の手にイチジク浣腸。それを見た奴隷が激しくイヤイヤをして首を振る。
 「拷問されたい! おとなしく尻を開いて!」 と、そんな智江利の声で奴隷は力を抜いて尻を上げた。指先で尻肉を開くようにしてアナルを覗き、
 突き刺してチュルと搾る。
 「さあいいわ、こうしとけば尻を締めるから」
 「なるほどね、そういうもんか」
  美希は笑い、いよいよバイブのスイッチに手をかけた。弱。誰がイカせてやるもんですか!
  ブゥゥン
「はぅ! むぅ! ンンーっ!」
  目をカッと見開く奴隷。総身がたがた震えだし赤い尻が波打ってたわんで締められ、弛み、震えは顔に伝わって、頭までがわなわな震える。

 「ンンーっ! ンンンーンっ!」
  ンにテンテンのワープロ変換不可能な濁ったよがり。尻肉を締めていないとアナルが弛む、といって括約筋が膣を締めて強い快楽に襲われる。
 「ふふふ、面白い」
 「ね。なかなかいい素材だわ」 と智江利も笑う。
  きっと地獄の快楽よ。ザマミロって気持ちの反面、パンティの奥底できっぱり濡れる性器を感じる美希。黒目を回すようにイキ続ける奴隷を見ていて、火照ってくる女体を感じる。だけど、なぜ?
  この程度のSMなら想像したよりずっとライト。だいたいネットはヘビイすぎると美希は思う。

  しかしそれも智江利が仕掛けた罠のひとつ。美希には思いもつかないこと。智江利が手ぐすね引いて狙うのは美希。まさかそうとは思っていない。

 「さあ、もういい、そろそろよ」
  そういうと智江利はバイブを停め、太い梁から吊ったロープをほどいてやって、即座に後ろ手に縛りなおす。奴隷は崩れたくても崩れられない。立って尻を締めていないと出てしまう。ガムテを許され丸められたパンティを吐き出すと、唾液が糸を引いて布地がぐっしょり唾を吸っている。
 「外に出なさい」
 「えぇそんなぁ、お願いです、おトイレへ」
 「また拷問? NOは禁句って言ったでしょ。いい子でしょ洋子って?」
  智江利がやさしい言葉で言う。それはそうよ、だって智江利はやさしいし本質はMなんだから。私に対してSな智江利になれっこない。
  と、そう思わせる智江利の罠。
  智江利は次に、木でできた大きなしゃもじを手に取った。そのへんも美希を安心させるキッチンSM。先の四角いヘラで奴隷の尻をピシャリとやって歩かせる。
  外は一気に明るくなって、森の中にぽっかり拓けた広場のような薄い草の地べた。素っ裸で外に出され、奴隷は腰を曲げて恥ずかしそうに歩いている。そろそろ限界。

 「もうダメです、出ちゃう」
 「したいの?」
 「はい、女王様、ああ出ちゃうぅ」
  智江利は笑って美希と目を合わせると、家の裏の急傾斜の際まで裸の奴隷を歩かせて、けれど林との境の薄い草の地べたを指差す。
 「こんもり盛って出しなさい」
 「そんな、そんなぁ、ああダメ、出ますぅ」
  二人の女王に背を向けて、ベルト打ちで全身赤い白い女がしゃがみ込む。浣腸の結末などは知れている。美希も便秘がちでときどき座薬を使っていた。
 「見ないでお願い、見ないでください」
 「ふふふ、見ないでじゃなく、コレだもん」
 「ああ嫌ぁぁ。あ、むぅ、あっあっ!」
 「あっはっは、何だよそれ? どんだけ喰った? あっはっは!」
  デジカメのシャッターが排便の一部始終を追いかけた。
  笑う美希に、ほくそ笑んで智江利が言う。
 「これでブログでも立ち上げましょ。タイトルは『ママさん奴隷、ヨウコの調教日記』なんてどう?」
  それから智江利はサンダルの裏で奴隷の背をちょっと蹴って言う。
 「いいこと洋子、月に一度はここで調教。そのほか美希女王と調教よ。写真もいっぱい撮ってあげるからブログを楽しみにしてらっしゃい。いい子でいないと顔出しブログにしちゃうわよ」

  とは言ったものの、それからは思った通りで女二人で一人を責める、レズというのか快楽調教と言えばいいのか、バイブも使うし電マも使う、よがらせ調教。縄も鞭もない、想像通りの夜になる。そんなものはSMなんかじゃなく、奴隷にとっては地獄のご褒美。イキ続けるだけの時間が過ぎていく。

  美希の部屋。洋子のほうは実家だからこうするよりない話。職場の音楽スクールで何食わぬ顔ですれ違い、週に一度は美希の部屋。
  しかし美希は二人になると女王になれない。女王と奴隷っぽいレズなのだが、挨拶だけはきっちりさせた。部屋に入ると奴隷は裸。赤い大型犬用の首輪を新調し、それだけさせて平伏させる。
 「お会いできて幸せです、女王様」
 「よろしい、いい子になったね、ちゃんと言える」
 「はい、女王様、どうか可愛がってくださいませ」
  仕事から戻って夕食の美希は、キッチンに立ち、上は着ていても下はベージュのパンティだけ。まっ白な脚線が美しい。
 「一日仕事で汚れてる。お尻を舐めて」
 「はい、女王様、うふふ」
  洋子が笑う。洋子にとっての捧げる時間は、誰かに尽くしてやりたい母性だと、もちろん美希は見抜いていた。

  流しに立つ女王の尻にすり寄って、パンティを膝まで下げて、そのとき突き出される白桃の双丘を舐め回し、それが気持ちよくて開かれる尻の底へと顔を突っ込み、アナル舐め。よく舐めて綺麗にすると、さらに上げられる秘部の前へと舌をのばす。
 「おまえも濡らすんだよ。女王の喜びは奴隷の喜び」
 「はい、女王様、濡れてます、もう」
 「うんうん、それでいい。そのうちいろいろ揃えてやるから」
  快楽調教の道具のことだが、口だけでそんなものを自室に置くつもりのない美希。あの洋子に君臨する。それだけでよかったからだ。
 「あぁぁ感じる、いいよ洋子、感じるよ」
 「はい。ンふふ」
  洋子はこうされたがっている。罪悪感なんてない。酔うように美希は尻を振り、甘い感覚を愉しんだ。
  奈良原書房というのか、その奥の喫茶室にも連れていき、マスターの目のある中でSM写真集を開かせる。洋子はきっと濡らしていると思うだけで私は勝ったと思えてくる。

  しかしそんなものはプロローグにもなってはいない。マゾ牝智江利の主は奈良原書房のマスターであり、二人揃って育てていける奴隷を探そうということになっていた。
  智江利を育てたSである奈良原和基は、美希の中にいまは眠る底なしのM気質を見抜いていた。智江利を引き合わせ、女同士の関係をまずつくらせて、しかしそれは蟻地獄。美希はまんまとハマってしまった。
  あれから一度智江利の家で洋子を躾け、自室でも週に二度はペットの扱い。マゾ牝洋子のブログもできて、洋子は蜘蛛の巣に捉えられたも同然だった。
  美希は安心できている。女同士の変態的ないい関係がストレスを吹っ飛ばし、それは洋子もそうで、二人ともに満たされる。
  心が楽になると再婚を考えてもいいと思えるようになっている。次こそきっと男を見抜いて結婚する。そうした希望もあったのだったが。

  マスターが言う。
 「この間、僕のほうから行って来たよ、真木ちゃん家」
 「あらそう? 陶器でしょ?」
 「そうそう、造って運ぶでは可哀想かなって思ったものだから」
  と言われて棚を見ると作品の数が増えている。智江利との関係ができてから美希も花器を買ったし洋子もコーヒーカップのセットを買った。徐々に売れるようになっている。智江利のためにはよかったと美希は思う。

  洋子の奴隷記念日から二月が過ぎていた。
  その日も日曜で明日が休み。美希は当然のように洋子を連れて智江利の家に向かっていた。道も走り慣れてスイスイ。ただしかし今日はちょっと空がよくない。台風が関東を狙っていると予報が告げた。あのあたりで豪雨になると、山道が通行止めで遮断されてしまうはず。火曜日あたりからが危ないらしく、まあその前だからいいかと思った。
  洋子には奴隷らしい露出スタイルのマイクロミニ。美希も気がゆるんで素足にミニで出かけてきている。

  いよいよ智江利が行動に移す日であるとも知らず・・。