2017年01月13日

氷川冷子(二話)


二 話


 女は母となる性だから、やさしい性だと言う男どもがいる。それ
 は女のある側面であって、それだけを捉えてやさしい性などと
 言うのは視野狭窄のなせるわざだよ。母がやさしいのは子に
 対してのみであり、その精液を誰からもらったなどとは、さして
 重要なことではない。
 夫がもし危害を加えるようなら、女は即座に夫を葬る。葬り去っ
 て、わが子にだけは微笑むだろう。
 女の心には魔女の入り込む部屋があり、私などいつでもそこ
 を訪ねることはできるのだ。私は血の魔女、ルイーザ。幾多の
 女たちを癒し、苦悩から救ってきている。
 出ていけと言うか? ふふん、魔界で眠っていた私を呼び寄
 せたのは冷子だよ。二十年前・・私にとっては数秒前の出来
 事にも等しいが、冷子は心の中の魔女の部屋に私を呼んだ。
 そしていま、タカという変態奴隷を私は捕獲し、与えてやった。
 冷子とルイーザを同一視したとしても、それは大きな間違いで
 はないだろう・・。


 体に毛のない奇妙な生き物が私のクルマを洗う姿を、私は窓
のこちら側からほくそ笑んで見ていたわ。鬱蒼とした森の木々
は打ちつける雨粒を霧として草木に配り、そんな中で異様に白
い裸男はいっそう際立ち、乾ききった私の心に風邪なった霧の
雨を届けてくれた。カーポートととまでは言えない半屋根の下、
タカの白い全裸は不気味に蠢き、子供のような小さなペニスを
ちょろちょろさせて・・だけどクルマだけは綺麗になった。
 乾ききったミイラの私に、ほんの少し霧を与えてくれるもの。そ
れがいまのところのタカの存在。もう少し霧を吸えば、乾いた肌
も潤って、そのうち指先ぐらいは動くようになるのかも・・。

「終わりました女王様」
「ちゃんと綺麗にしたでしょうね」
 言いながら私は、全身スキンカラーの奴隷の肌が、霧の雨に
潤っていると感じていた。全裸では寒いのか、大人にしては小
さすぎるペニスは、縮こまってさらに小さく、少し可愛がってみよ
うと思い立つ。
「それでタカ、私のことはルイーザ様と呼びなさい」
「ルイーザ様ですか?」
「そうよルイーザ。そんな声が聞こえたの、ルイーザと呼ばせるよ
うにって」
 手の中に黒いロープを握った私は、タカの両手を縛り上げ、
その縄尻を天井を横切る丸太の梁に通して吊ってしまう。つま
先立ちになった奴隷は、縮み上がるペニスを突き出して体が伸
びきっていたのよね。
 着ているものを脱いでやり、黒い上下の姿となって、タカの裸
身にまつわりついた。このときの私はニタニタと恐ろしく笑ってい
たと思うわよ。
 私の裸に奴隷はどう反応するのか・・。

 椅子を引き、陰毛を失ってなおさら幼く見えるペニスの頭をつ
まんでやったわ。
「何よコレ、小指ほどしかないじゃない。あははは、こんなもん、
あってもなくても一緒よね」
「はい、ルイーザ様」
「女と見るとすぐに勃てる男が嫌い。いいことタカ、勃起厳禁よ。
私に対してもしも勃てたら、そのたび拷問。決めたわ、射精なん
て生涯させない。どういじっても勃起しない奴隷にするから」
「は、はい、ルイーザ様」
 まっすぐな目で残酷な命令を受け取る奴隷。
「ふーん、それでいいの? おまえは何のために生まれてきた
の? 心にもないことを・・」
 小さな亀頭を指先でコネ潰し、ツネり上げてやりました。
 タカはちょっと呻いたけれど、目を閉じてすっかり観念したよう
です。

「ねえタカ、私は綺麗? 私もチビよ。胸だってぺしゃんこだわ。
こんな私でも慕ってくれる?」
「はいルイーザ様、とんでもないことです、とてもお若くお綺麗で
す、心よりお慕いいたします」
「そう・・ありがとう。では私の意のままね。勃起は厳禁、射精はな
し! 与えられる辛さを悦びとするように」
「はい! お誓いいたします!」
 亀頭をいじり、ツネり伸ばしているうちに、なんだか少し血が集
まって硬くなってきたようで・・ふふふ、もう誓いを破ったわ。

「ふふん、心にもない証拠に、もう大きくなりだしてる」
「・・はい・・気持ちいいです、ありがとうございます」
「ありがとうございます? それもまた不思議な言葉ね? お仕
置きです!」
 薄い胸に二つくっついた小豆粒ほどの男の乳首を洗濯バサミ
で挟みつけ、吊られて揺れるタカの背に下着姿でまつわりつい
て、小さな尻を揉んでやり、髪の毛がなくなってぴょこんと飛び
出す妙な耳たぶを舐めてやったり噛んでやったり・・そうするとも
うお仕置きのまぬがれないペニスになる。
 て言っても、所詮は小さな勃起。真上を向いても十センチある
かないかの性器です。

 前に回って椅子に座り直し、真上を向いた奴隷の欲情を見据
えてやったわ。醜い。ひたすら汚い男性器。
「乳首を責められて感じるんでしょ。体中に触れられて嬉しいん
でしょ」
「はい嬉しいです、ルイーザ様」
「それで勃起させてるわけね・・なるほど・・もうダメよ、お仕置き
は厳しいわ」

 あのとき、二十歳だった私はもちろん処女ではなかったけれど、
中年男の紫勃ちするイチモツが恐ろしく、ひいひい喉で啼いて
耐えていた。好きでもなく好きになれそうもない男のペニスよ。
 悲しかった・・苦しいだけの夜が続いた。体の小さかった私は
膣も狭いらしくって、結婚からしばらくは痛くて痛くてならなかっ
た。濡れなかった。愛してないから。なのにあついはツバをつけ
てブチ込んで来たのよね。
 タカの勃起に腹が立つ。奴隷のくせに私を欲しがり大きくして
いる。穿いていたスリッパを手にしたわ。氷川のモノとは比べも
のにならないちっちゃなモノを、スリッパの裏でひっぱたいてや
ったわよ。横から茎を、縦に振って亀頭をね。

 叫んだわ。吊られた裸身の尻を退いて逃げようともがいてる。
 ペシペシと・・パシンパシンと、怒りのままに振りは強くなってい
く。乳首の洗濯バサミがぶらぶら暴れ、奴隷の肌から脂汗が浮
いてくる。目を見開き、白目を血走らせて、奴隷は叫んだ・・。
 可哀想などとは思いません。母性は今日は眠っているよう。サ
ディストの性感は奴隷の悲鳴でさらに高ぶり、ゾクゾクし、私はき
っとヌラヌラに濡らしていたと思うのです。
「ほうらタカ、紫色になってきたわよ、気持ちいいでしょ。何だか
妙に曲がってきたわね。内出血で変形してる」
「はいルイーザ様・・痛いです・・痛いぃぃ・・」
「いいわ、少し萎びてきたから許しましょう」
 私は乳首に手を伸ばし、洗濯バサミを開かずに引きちぎるよう
に外してやった。そしたら・・うわぁぁ! ぎゃぅぅ! ・・だって。
 ふふふ、いい声で叫びます。

 滅多に吸わない煙草に火をつけ、涙だらだらの泣き顔を見上
げ、紫煙を吹きかけてやったのです。奴隷は怯えていましたね。
 一口二口と吸ってオレンジ色の火種を見せつけ、肉棒まるご
と紫色に変色したペニスの先に近づけてく。
「焼いてあげようか」
「嫌ぁぁ嫌ぁぁ! ごめんなさい嫌ぁぁ!」

  ふふふ、可愛いものでしょ男って。
  「そうかしら・・ぜんぜん・・醜いだけの生き物よ」
  あらあら、魔女の私より生きてる女は怖いわね・・。

「身にしみた?」
「はい! ごめんなさいルイーザ様、お叱りを受けないよう頑張り
ますから、少しだけ時間をください、お願いしますぅ!」
「時間をくれか・・それでどう変わるのか見物だわ。ペニスが嫌な
ら乳首にしましょうか」
 煙草の先を近づけていくと泣き叫びます。面白い。ゾクゾクす
るほど面白い。
 溜息をついて立ち上がり、奴隷の後に回り込む。
「お尻がいいか・・この綺麗なお尻を焼け焦げだらけにしましょう
か」
「ああ嫌ぁぁ! お願いしますぅ、嫌ぁぁ嫌ぁぁ! えぇーん! え
えぇーん!」
 体をじたばたさせて号泣する奴隷・・私は煙草を持たない左
手の指先でお尻をちょっと突いてみた。
「ほうら熱い!」
「ぎゃぅぅ!」
「あっはっはっ! 煙草じゃないわよ、あっはっはっ!」

 吊りを許し、そしたら奴隷は足許に平伏しました。
「お許しくださり、ありがとうございます」
「何でお仕置きされたか、わかるわね?」
「はい! ルイーザ様に対し、いやらしくも勃ててしまいました」
「うん、そうよ。身にしみて反省したなら足にすがりついてキスな
さい。生涯の忠誠を誓うのです」
「はい!」
 足許ににじり寄り、平伏す姿をつくり直して足先にキスします。
「思い知らせるために今日はエサ抜き、わかったわね。奴隷部
屋で反省なさい」
 裸のまま部屋に押しやって閉じ込めた。ウオークインクローゼ
ットだった場所。中は一畳ほどしかありません。薄い布団と毛布
だけは与えてあり、トイレはバケツ。押し込めて扉を閉ざし、鍵を
かけてしまいます。中はほんとに豆電球がひとつだけ。水さえ
飲むことはできません。

 そしたらタカは・・うふふ、まさかの声を上げたのです。

「ルイーザ様ぁ! 嫌ぁぁ! ああ嫌ぁぁ! 狭いところはダメな
んですぅ! 怖いんですぅ! ああ嫌ぁぁ! 助けてぇーっ!」
「あらま・・もしや閉所恐怖症? あはははっ! 苦しめ苦しめ、
泣きわめけ!」
「嫌ぁぁーっ! うわぁぁーっ! 助けてぇぇーっ!」
「うるさい! 静かにしろ!」

 放置してやりました。狂う寸前まで追い詰めてやるつもり・・。

 男がその気になれば蹴破れるぺらぺらのドア一枚・・私はパ
ンティに手を突っ込んで、二十歳だったあのとき以来、嬉しくて
濡れるおまんこをまさぐった。

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。